ヒアロディープパッチ 効かない

ヒアロディープパッチが効かない!?その衝撃の理由

20代、30代など若い人だと効かない可能性もあり?

ヒアロディープパッチは20代や30代の若い人に効かないということはありません。
ヒアロディープパッチはヒアルロン酸ニードルで、成分が高濃度のまま角質層に直接届き、翌朝には肌のハリと弾力が出る事が期待できるます。乾燥による小じわを目だたくなくしたり、年齢と共にできる口元の年齢線などのしわにハリや弾力を出すことが期待できます。年齢を重ねることで出来るしわもありますが、若い人も乾燥によって細かいしわや浅いしわが出来る可能性があります。年齢を重ねた人よりは効果を実感しにくい場合もありますが、若い人もヒアロディープパッチを乾燥を予防するために早めに使うと良いです。

チクチクしないと評価は高いけど効果を実感できない人も

ヒアロディープパッチを貼ってチクチクしないと評価が高くても効果を実感しない人がいますが、これはしっかりとヒアロディープパッチを貼っていない可能性があります。
肌の状態にもよりますが、ヒアロディープパッチはヒアルロン酸ニードルなので、乾燥による小じわなど気になる部分に貼りシートを抑えるとチクチクします。これはヒアルロン酸ニードルが十分に肌に密着しているという証拠になります。突起型ニードルなので、はじめは直接触れる部分がチクチクしますが、10〜15分程度で肌に馴染むため安心して使えます。

効果なしの原因:はがれる事で実感しにくい場合

ヒアロディープパッチの効果なし原因に、はがれる事で実感しにくい場合があります。はがれにくくする方法は、前後のスキンケアに注意します。シートが肌に密着しにくくなるため、シートを貼る直前に使用するスキンケア用品はしっかりと馴染ませることがポイントです。スキンケアのあと、1〜5分程度おいてからシートを貼る部分に触れて、水分や油分が肌に残っていないことを確認してから貼ります。
また油分の多いクリームはヒアロディープパッチの後に、シート部分を避けて使用します。

資生堂のナビジョンなどと比較すると効果は高い!?

ヒアロディープパッチは、資生堂のナビジョンなどと比較すると、乾燥によって目立つ小じわのケアに効果が高いと言えます。ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸だけではなくコラーゲンやプラセンタなど保湿などの美容成分が豊富に配合されています。化粧品として世界で初めて販売されたマイクロニードルパッチなので、広く知られているのも安心できます。シートも目元や口元などに貼り易い形状で、乾燥により目立つ目元の小じわなどに使用すると良いです。

説明書を参考に使用期限を守ってしっかりと実践!

ヒアロディープパッチの効果を実感するためには、説明書を参考に正しい使い方を守ることも大切です。未開封であれば使用期限は2年で、ヒアルロン酸でできたニードルは湿気に弱く、シートが入っている内袋を開封した場合には早めに使う必要があるんです。
洗顔後に化粧水や乳液などで手入れをして、目の周りや口元などの悩みがある部分に、週1回のスペシャルケアとして就寝前に使います。貼り付けた後は、肌にニードルをしっかり密着させるため薬指と中指でシートの上から優しく2〜3回押さえるなど、しっかりと実践する事がポイントです。

page top